Home » 「放射能汚染水」「水不足」「水道停止」安全な水はどう確保する? by 橋本 淳司
「放射能汚染水」「水不足」「水道停止」安全な水はどう確保する? 橋本 淳司

「放射能汚染水」「水不足」「水道停止」安全な水はどう確保する?

橋本 淳司

Published July 30th 2011
ISBN :
Kindle Edition
192 pages
Enter the sum

 About the Book 

【福島原発事故をきっかけに、日本の「水の安全と安定供給」が問われている。この危機を解決できる術とは?】2011年3月11日の東日本大震災は、想定外の大津波と戦後最大の原発事故をもたらした。また東北・関東近県では生活インフラが一時機能不全に。特に水道の断水は水の買い占め騒動を生み、復旧後も水道水の放射能汚染問題など、日本の「水の安全と安定供給」が問われている。水ジャーリストとして数々の日本の水問題に取り組み、東日本大震災の復興政策にも参画している著者が、今われわれが直面している「水の危機」More【福島原発事故をきっかけに、日本の「水の安全と安定供給」が問われている。この危機を解決できる術とは?】2011年3月11日の東日本大震災は、想定外の大津波と戦後最大の原発事故をもたらした。また東北・関東近県では生活インフラが一時機能不全に。特に水道の断水は水の買い占め騒動を生み、復旧後も水道水の放射能汚染問題など、日本の「水の安全と安定供給」が問われている。水ジャーリストとして数々の日本の水問題に取り組み、東日本大震災の復興政策にも参画している著者が、今われわれが直面している「水の危機」を浮き彫りにし、その危機を解決できる術を解説する。■著者プロフィール▽橋本淳司/ジャーナリスト、著述家。出版社勤務を経て、現職。「水と人間」というテーマにライフワークとして取り組み、日本国内はもとより世界各地の水辺を歩き、土地の人と語りながら、水について考えている。水をテーマにしたルポやエッセイなどを多数執筆するとともに、水に対する興味や関心が高まるよう各地の学校で「水の授業」を行っている。現在、東京学芸大学客員准教授、日本水フォーラム節水リーダー。「みずのがっこう」副校長。著書に『日本の「水」がなくなる日-誰も